acoustic sense East Asia Theater Interaction 2019
MMST pure sound

EATI開催

EATI 2019
2019.7.30 tue ~
2019.8.18 sun
in Taipei

EATI(East Asia Theater Interaction)は、東アジアの演劇人が、舞台創作を通して相互の文化芸術を深く享受し、国家の理念と対立を超えた和合と共存の道を創造していくことを目的として、2016年より始まりました。韓国釜山市において開催されてきたEATIプログラムは、実施の安定化と更なる発展を図るべく、各国の運営責任者による組織委員会を設置し、2018年以降各都市での巡演開催となりました。(2018年釜山 2019年台北 2020年福岡)





INFORMATION


堀 春菜

<参加俳優>
堀 春菜/haruna hori

1997年生まれ。神奈川県出身。2014年に映画『ガンバレとかうるせぇ』主演でデビュー。 その後、映画『空(カラ)の味』(17)、『セブンティーン、北杜 夏』(17)、『過ぎて行け、延滞10代』(17)といった主演作が立て続けに劇場公開を果たす。 その他の出演作に、映画『万引き家族』(18)、日韓合作映画『大観覧車』(18)、NHKBS「あったまるユートピア」(18)などがある。 今後も国内外問わず、活動の幅を拡げていく。
渡部彩萌

<参加俳優>
渡部 彩萌/ayame watanabe

1992年8月21日、日本の東京生まれ。 幼少期はバトントワーリングに打ち込み、中学生までの団体部門で関東大会1位・全国大会出場を果たす。 その後、2012年からパフォーミングアーツに興味を持ち始め、東京の小劇場界隈で活動を始める。近年は、「演劇やパフォーミングアーツをツールとして、社会のために地球のために自分に何ができるか」を模索しており、国内国外問わず、様々な人や価値観、生き方と触れ合いながら活動している。

ワークショップ in 台湾

2019年3月、EATI19の開催地である台湾にて現地俳優の選考と関係者の交流を目的としたワークショップが開催されました。

國家戲劇院

EATI19が開催される國家表演藝術中心 國家兩廳院は中正紀念堂の敷地内にあり、施設内にあるリハーサル室で日本、韓国、台湾の3チームが創作を重ね、実験劇場にて公演を行います。

▶︎創作プログラムEATI概要

日 時
2019年7月30日(火)〜8月18日(日)
会 場
國家戲劇院 実験劇場
内 容
韓国、台湾、日本から招かれた3名の演出家がチームに別れて作品を作ります。各国から参加する俳優は、いずれかの演出家が創作するチームに属し、期間内に行われる創作プログラムに参加して頂きます。8月17日、18日には上記劇場にて上演を行います。
参加人数
2名
※日本からはオーディションによって選ばれた上記2名の俳優が参加致します。
主 催
EATI実行委員会
協 力
Assignment Theatre、BITA(BUSAN INDEPENDENT THEARE ASSOCIATION)、M.M.S.T
助 成
国家戯劇院